喫茶バルト

主の日常を書いていくただのブログ。

コーヒーの話。

※少々長いかもしれません。

いつぞやのゲーム話の比ではありませんが。

あとPCで見ると綺麗に整って見れると思います。

 

 

 

 

 

皆様お久しぶりで御座います。

 

最近ゲームのキャラ作りと小説、

そしてどうせ気付いてもらえない場所の小ネタの為に

色々コーヒーの事を調べていたら

栽培方法やネルの保管等まで知らべてしまい、

時間を浪費している悲しき馬鹿、六甲の水で御座います。

 

という前置きをしましたのも、

先日、友人…そう。

「俺達、華の自由人。」にて同行しておりました彼です。

彼とペルソナ5の話になりまして。

なんでも主人公がカフェで居候をしているとか。

手伝いでしょうか、コーヒーをゲーム中で淹れられるとのことで。

そこから話の花が咲いていきまして。

…えぇ。冒頭に戻る、ということで御座います。

その時は一時間が5分程度に思えておりました。

いや、それはまずいですよねぇ…。

 

話を少しばかり戻しまして。

私、以前少しだけコーヒーの事を調べておりまして。

元々、ゲームの世界観を舞台にした小説の為、

ひいてはゲームの設定に厚みを持たせる為に調べておりました。

作業手順はもちろんの事、

器具や家具など、

色々なものを調べてまいりました。

実際の喫茶店に行ったり、

珈琲店に行ってみたり。

内装をそれはもうジロジロと。

傍から見れば変質者でしたね。アレは。

 

カウンターの下にコンロがあり、

そこに水を入れたケトルを置き、

沸騰手前まで暖めて、

あらかじめセットしておいた挽きたての粉に少し注ぎ、蒸らす。

蒸らしが終わり次第注ぐ。

膨らみが小さくなれば注ぎ、

膨らみが大きくなれば休める。

 

…とかそんな感じだったと思います。

なげぇよ、って言われそうだし、

下手に読みかじりの事を言ってるのもアレですし、

ここで切り上げさせていただきます。

 

まぁこんなことを調べておりますと、

当初決めていた店の内装に疑問や納得のいかない所が…。

あ~あ、やりなおし…。

 

そういえばネルって保管面倒なんですね。

最近知りました。

と言うか「ネルってアレかぁ!!」

とネルシャツを思い出して「ネル」を理解いたしました。

 

所で、皆様はコ○ダ珈琲店、行ったことはございますでしょうか。

いやぁ私、初めて行った時は少し「エッ」と思いました。

私の知る店だけやもしれませんが、

対面型のカウンターがないのです。

私の知る喫茶店は三店舗ほど(少なっ)ありますが、

その全てにマスターと対面になるカウンターがあったのですが…。

近くの某コメタ○珈琲店にはなかったのです。

正直私はがっくりとしました。

珈琲店の淹れ方はどうなのだろう、

と期待に胸を膨らませていたのです。

 

まぁ、味は美味しい…んだと思います。

酸味は分かれどコクは分からぬ。

…アメリカンって飲みやすいですよね。

 

モーニング、良いですよね。

 

そういえばあの店…閉まっちゃったなぁ。

 

今日はこれくらいに致しましょう。

それでは皆さん、良い一日を。