喫茶バルト

主の日常を書いていくただのブログ。

狩りと格ゲと私

…の話です。

 

どうも、久々にアクセス数見たら今月だけで66もあってびっくりした男、スパイダーマッ!

 

…ではなく、六甲の水です。

なぜこんなに見られているのか不明で戦々恐々としておりますが、まぁいつもの如く話そうかと思います。

 

そう言えば前回の話ってツイの方に出してないはずなんだけど。

なんで?

 

まぁタイトル説明始めましょ。

狩りと格ゲと私、

モンハンとギルティと近況報告ですね。

 

…全部近況報告で済むんですけどね。

結構ネタバレあります。未プレイやネタバレ嫌いな方は回れ右をなさってください。

もしくは早くフリックやスクロールしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ハイ、まずモンハンです。

皆さん、狩り、してますか?

セコムよりはしてますよね。

私はヘビィのデルフ=ダオラ、

大剣のテスカブレイドがリストラされてて泣きました。

何気にMHP2Gからの付き合いだったので、

スゴク=カナシイ。

狙撃竜弾でもいいから出して欲しかったし、

弱くてもいいからどちらも出して欲しかった。

あの無骨な赤い鉄板や

リボルバーがカッコいいんだろうが!

チクショウ!

 

とか言いつつ、まだ本編クリアしてません。

面倒になっちゃってねぇ…。

ま、そんなこんなです。

 

ヘビィはロゼッテスとバルキンキャノンのおかげでモチベが成り立ってます。

あと「なぐれ!でぃあぶろくん」と称して

近接攻撃だけで倒すスタイルもしています。

ボウガン(近接武器)とか、考えた人すごいですね。

頭おかしい(褒め言葉)

大剣はタックルタックルしてます。

ディアの咆哮にタックル、

ディアの突進にタックル、

バルキンの転がりにタックル、

レウスのブレスにタックル。

ネルの必殺にタッ…あ、死んじゃった。

 

…なんてね。

とにかくタックルが強い。

 

隙が多くて防御手段の少ない大剣に、

S(uper)A(rmor)付きの技なんて、最高だね。

MHXのガンスでも振り上げSAで耐えてた人間だから、ホント最高だよ。

ありがとうカプコン

あとはデルフとテスカだけだ!

あ、ダメ?

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて格ゲー。

f:id:tkmnrt:20180227053938j:image

ついに20段になりました。

やったぜ。

空投げの修練や、

受け身狩りのコンビネーションを考えたり、

ドラインで好きなことやってたらなってた。

友人からはドライン以外の事も考えてたんやなって言われたけど、

ドラインのことしか考えてませんでした。

ごめんね、友人。

俺は…止まんねえからよ…。(尚止まると死ぬ)

 

止まると死ぬってなんか、マグロみたいだね。

 

そう言えばギルティ歴が4年になりました。

ギルおじにはまだなれない…。

これからもボって行くぞォ!

 

という訳で、

ランクマであったらよろしくお願いします。

 

 

こんな感じかなあ。

 

 

 

そう言えば近況報告が残ってました。

 

先日初めてdlsiteで音声作品を購入しました。

うーん、良き…。

クールさん良すぎでは…?

と語彙力を無くし、

メイドのユキさん2種で

物言わぬただビクンビクンと震えるのみの

肉袋となりました。

いやぁ、コンビニが最近近くに出来まして、

お支払いも楽、受け取りも楽、

おつまみ調達も楽と、

願ったり叶ったりでありますな。

ニートするには最高の環境であります。

金なくなると辛いけどね。

f:id:tkmnrt:20180227055048j:image

そう言えば自作のRPGですが、

どんどん設定は盛れています。

昔は実はどうたらこうたらとか、

死んでもどうたらこうたらとか、

神様がなんたらかんたらとか。

あとおじさんの武器が

どんどん無骨というか適当というか、

しっかり考えた上で粗製になってます。

鉄板をポン付けされた砲を剣と言うとか。

はー…。

 

いつ出来るんだろう、これ。

 

 

という訳で、今日はここまで。

また気が向いた時に。

とても、とてもとても面白くない話。

どうも。

あけましておめでとうござい「ました」、

六甲の水です。

かれこれ何ヶ月も書いてませんね。

私はと言えば、

コミケ行ったり、

コーヒーミル買って自分で淹れたり、

ゲーリックコーヒーやら

アイリッシュコーヒーやら

楽しんでましたが、

みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

「働き詰めだよボケッ!」

と言われる方も居られるかもしれません。

心中、お察しいたします。

 

さて、今回は新年1発目というのに、

とてもとても「面白くない」話です。

 

あるお話を聞いたことからはじまる、

私の憤りの話です。

少しばかりヘビィでダークな話になります。

何しろ私も通った道、

そして消し去りたい黒歴史に少し触れる、

大変「面白くない」話なのです。

お覚悟ができた方はお進み下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…用意は出来ましたね?

 

ある日の夜の事です。

私は母から相談を受けました。

相談というよりは参考意見集めですが。

話にはある女の子(以下、彼女と表記)が虐められていたようです。

(母は少々特殊な場所にいるため、

その類の相談を聞くことがあるのだとか。)

彼女はいじめによる影響で、

登校が嫌になってしまっているようでした。

親にも言えなくて学校を休んで家に居るとの事でした。

私の経験上、親に言えない状況というのは複数あり、

1.「中心グループからの圧力に従い、親に言えないでいる」

2.「親に迷惑をかけたくない為に自ら黙っている」

3.「親がいじめの現状を分かっておらず、無駄な叱責を避けるために言わない」

大抵この3つだと思います。

その中でも彼女は2.に当てはまるのだろうと私は推測しました。

恐らく2が一般的でしょう。

昨今の若人は他人に優しく、そして遠慮深い。

そうでない者も居ますが、

それはごく少数です。

「今ドキの若いモンは」なんて漫画もありますが、子供が親に遠慮をするなんて、

なんてできた子でしょうか。

私には到底考えられません。

 

同時に、私はあまり良くは思いませんでした。

誰かに言わない、というのは、

「全てを1人で背負い込む」ということです。

言葉にしないだけで、

よく考えていないだけで、

実際はこういうことなのです。

溜まる苦痛や続く叱責、

日々強まっていく圧力。

子供1人が耐えられるでしょうか。

…敢えて言います。

 

「耐えられる訳が無い」。

1人で抱えるには荷が重すぎる上に、

言わない事によって理解を得られず、

十中八九、親の叱責が上乗せされます。

味方と信じてやまなかった親が、

敵になるのです。

居場所は狭まるばかり。

苦痛も増えるばかり。

偏見で答えますが、こうなると終わりです。

苦痛に耐えられず、或いは耐えるのを投げ出したくなり、楽になりたくなるはずです。

なりたくならないのなら、

それはもう感覚が狂っている。

手段は様々ですが、

お金もない、居場所もない。

逃げられないと来れば行き着く先はひとつ。

最も近く、最も安全で、最も盤石。

 

 

 

…自殺です。

死によって「その」苦しみから

救われようとするのです。

てるてる坊主(首吊り)や

トマト祭り(飛び降り、飛び込み)、

オーバードーズリストカット

探せばどこでも死ねるのです。

 

最も近い安住の地。

 

しかし、そんなのが間違っていることくらい、

誰もがわかっているはずです。

本能的に忌避しているだけかも知れませんが。

 

だからこそ私は言いたいのです。

「吼えろ」と。

「足掻け」と。

「生きてこそ、得るものがある」と。

「生きなければ、得られない」。

 

苦しみを耐えなきゃいけないのに、

何を言ってるんだ、

と思われるかもしれません。

 

ならばこう言いましょう。

 

誰が耐えなければ「いけない」と言った。

教師か?親か?

 

「敵」だろう。そんなもの。

 

味方でもなんでもない。

ただ縛り付けて敵地に放り出す「敵」だ。

憎むべき「敵」であると。

 

このブログを見て、

その状況に当てはまる方は少ないでしょう。

せっかくなので、今からいう言葉を

該当する方にお伝えください。

もちろん自分に刻んでも良いです。

辛い時にお使い頂いても構いません。

 

 

あなたは生きてるだけで良い。

学校なんて行かなくても、

その気になれば勉強なんて出来るんです。

そんなクソみたいな場所にいるよりは

幾分マシでしょう。

ドラクエでも武器は装備しないと

意味が無いように、

この世界でも命がなければ経験や幸せは取れません。逃げることもできません。

自殺なんてやめておきましょうよ。

死に損ねたらもっと辛いんです。

砂のような飯を食む事になるし、

激痛と幻聴に悩まされるし、

家族に「殺せ」って叫ぶハメになりますよ。

 

そんなのに時間割くくらいなら、

もっと上を向いて歩きましょうよ。

涙がこぼれないように上を向いて。

改めて空を見上げると、

星が綺麗かも知れませんよ。

家族のお手伝いをしてもいいかもしれませんね。

もっと、周りを見てみましょうよ。

そこらに落ちてるゴミなんて、

見る必要も価値もありません。

生きましょうよ。

 

まずは誰かにあなたの荷物を

支えてもらいましょう?

愚痴でも辛いことの告白でもいいんです。

正直に話しましょう?

信じれないかも知れませんね。

家族で構いませんよ。

いじめのお悩み相談センター…だっけ、

そんなところでも構いませんよ。

もちろん荒療治ではありますが

私でも構いません。

経験者として話に付き合うくらいはできます。

愚痴くらいは「ドンと来い鉄十字団!」です。

 

 

あ、ただし!

学校の先生はあまりオススメしません。

信頼できない先生には絶対に言わないこと。

耐えてきたことを無に還されます。

特に校長。大抵もみ消されます。

そこからエスカレートすることもあるので、

伝える際は慎重に。

 

家族がダメなら最終手段として、

警察でも構いません。

その際はICレコーダー等を持っていきましょう。

ランドセルに鍵をかけておけば安心できます。携帯も使い方によっては代用できますので、

是非お使い下さいませ。

僕は言質取るのに使ってました。

 

こう言ってはなんですが、

靴下に土や砂を詰めて振り回すと

非常に硬い武器になります。

有事の際はお使いくださいませ。

 

ただ、ヤらないようにね?

こっちが悪くなるから。

あくまで被害者。

正当防衛としてやりましょう。

 

とまぁ、そんな感じで。

とっても「面白くない」話でした。

意見等ございましたら恥ずかしがらずどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tkmnrt:20180123055045p:image

あ、そう言えば引きました。邪ンヌ。

やったぜ。(やったぜ。)

もうね、最高。

ほんと最高だからね。

おじさんこういうのほんと大好き。

稚拙な出来だけど、

自前で小説書くくらい好きだからね。

おじさんはクーデレ系が大好きだからね。

ビビッときた訳よ。

ほんと引けた時はコロンビアしてたからね。

f:id:tkmnrt:20180123055745j:image

こんな変なおじさんだけど、

今年もよろしくね。

ノスタルジック、昭和時代。

皆さん、お久しぶりです。

植物の水やりは檜の柄杓と桶でやってます、
六甲です。
水を汲んでは穏やかに水をやり…、
余った水は道路に撒き…、
あぁなんと時代錯誤…。

 

最近は寒くなりましたし、
地元も晴れの日が少なく、
水を撒く機会が少ないです。

 

…買う時期完璧に間違えましたね。

 

まぁそんな話はさておき。
今回もまた、時代懐古。
いや、まだ使っておられる所もあるやも知れませんが…
少し前のアニメでありますが、
笑ゥせぇるすまん」にも出てきた…はず。
銭湯のお話。

 

私が気分屋なのは、
読者の皆さんであればご存知でしょうが…って、
知らないですよね。
知ってました。
知らないというよりかは興味ない、
の間違いでしょうが。

 

私の住処の近場に銭湯があることもあり、
懐の暖かさと気分によっては、
銭湯に入りに行くこともあります。

 

ステレオタイプな銭湯と言えば、
大きく「ゆ」と書かれた暖簾をくぐり、
入ってすぐの所に番台さんが居て、
靴を靴箱に入れ板鍵を取り、
番台に料金を払って脱衣所へ。
脱衣所で衣服を脱ぎ、
板鍵も一緒に入れて鉄の板鍵を取り施錠。
ふと見回すと按摩椅子があり、
インベーダーゲームも置いてあったり。
扉を開け放てば、
広がるのは洗い場と湯船、
ケロリン桶と緑椅子。


暖かい湯や人々の和む空気、
疲れた体を労り、
仕事で流した汗をさっぱりと洗い流し、
得も言えぬあの雰囲気を
十分に堪能した後に風呂場を出て、
瓶に入った牛乳を飲み干す。

 

あぁなんと素晴らしいことか。

 

あぁ、欲しい。
是非に欲しい。
在るだけで価値がある。
そんな品物。
あぁ、欲しい。

 

しかし。
ふと思うのです。
ケロリン桶や緑椅子。
形容、想像は難くないのですが、
正式名称を知らないのでは?
と。

 

そう。
黄色く、ケロリンと書かれたケロリンの桶、
プラスチックの板を曲げて、
ゴムパッキンを付けただけのような緑椅子。
異常な耐久性を持ち、
もはや名コンビどころか、
銭湯の象徴になりつつある、
いや、もう銭湯の象徴の彼等の名前を、
あの日見た彼等の名前を僕達はまだ知らない。

 

…失礼、少々ふざけすぎました。
でもまぁ、よくよく考えたら、
僕らは彼らの正式名称を知らないわけですよ。

 

という訳でできる限り調べてみたんですが。

…が。

 

ケロリン桶、正式名称ケロリン湯桶。
まぁド直球。
しかし…

 

緑椅子、正式名称「不明」。
そうなんです…。
どこをどう探しても緑椅子の名前が出てこないんです…
百年椅子だとかコの字椅子だとか言われてるんですが売ってないし通称しか出てこないし…。Amazonヤフオク楽天も探したんですが全くもって無いんです…。

 

ケロリン桶は売ってるのに。
けものフレンズコラボ桶もあります。
…ええ。あります。

 

なのに緑椅子がない!!
なんでや!!

 

そんな訳で悶々としている日常の小話でした。

…え?つまらない?
ただの自分語りですからね。
仕方ないってもんですよ。

ええ。

 

あ、緑椅子の正式名称などの情報は
いつでもお寄せください。
下手すると買います。

 

という訳で、
また気が向いた時までさようなら。

 

 


あ、「おばけがイクゾー」、いい曲ですよね。

時代遅れ?いいえ、浪漫です。

※今回は徹夜テンションですのでご注意を。

 

どうも。

お久しぶりです、六甲です。

いやはや、月日が経つのは早いですね。

「あっついわぁー」とか思ってたら

「うぅわ寒ッ!?」ってなってました。

皆様お身体を冷やさぬよう、

お気をつけください。

 

さて、今回は短く、そして時代錯誤。

今更「柄杓で打ち水」を行う、というお話。

もう季節は秋では御座いますが、

未だ暑い日もあるというもの。

熱せられたアスファルトに、

冷や水を打ち撒き、

なんとか心地よく過ごそうという

魂胆であります。

 

事の発端は先月の大阪、道具屋筋での事。

その頃は暑く、そして懐も厚く。

幼き頃に夢見た神社の手水、

その柄杓に言い様もない浪漫や憧れを感じ。

何とかないものか、と探し歩いた次第。

 

筋を進んで中ほど、

金物屋で柄杓を見つけ、

喜んだのも束の間、

それは竹製。

神社の手水場にある木の物にあらず。

店の者に聴いてみれば、

あまり扱ってはいないとのこと。

 

しかし、道具屋筋を逸れ、

人見ぬ裏道に出ると、

そこには夢見た木の柄杓。

材質檜の一品。

思わず声を出し、即座に購入。

お値段なんと千二百圓也。

 

値段より

夢に焦がれて

浪漫かな

 

かくして念願の柄杓を手に入れ、

殺してでも奪い取られぬ様、

大事に持ちながら帰宅しました次第。

 

日照り暑苦しき昼、

これは良い機会と水撒きに。

水道開きて水を桶に貯めるこの時間の

なんと甘美たる事か。

 

懐き時代に想いを馳せて、

詰まらなき時代に辟易しながら、

「無駄」な時間に道楽を見出す。

酔狂とは楽しいものです。

 

さて打ち水

最初はなかなか難しく、

上手く撒けないもので。

しかし苦心しながらも撒き終えると、

得も言えぬ達成感と心地よい疲労が残り。

これは素晴らしいものだ、と思える。

打ち水の後の空気は幾分か冷え、

快適に過ごすことが出来た。

 

この無駄を切り捨てる世の中に、

1人くらい、

無駄を愛し、

無駄を尊び、

無駄に浪漫を感じる輩が

居ても構わないだろうか。

 

話の尾も切れ、

これにて閉幕、

それではまた興が乗る日まで。

 

散華ッ!

コーヒーの話。

※少々長いかもしれません。

いつぞやのゲーム話の比ではありませんが。

あとPCで見ると綺麗に整って見れると思います。

 

 

 

 

 

皆様お久しぶりで御座います。

 

最近ゲームのキャラ作りと小説、

そしてどうせ気付いてもらえない場所の小ネタの為に

色々コーヒーの事を調べていたら

栽培方法やネルの保管等まで知らべてしまい、

時間を浪費している悲しき馬鹿、六甲の水で御座います。

 

という前置きをしましたのも、

先日、友人…そう。

「俺達、華の自由人。」にて同行しておりました彼です。

彼とペルソナ5の話になりまして。

なんでも主人公がカフェで居候をしているとか。

手伝いでしょうか、コーヒーをゲーム中で淹れられるとのことで。

そこから話の花が咲いていきまして。

…えぇ。冒頭に戻る、ということで御座います。

その時は一時間が5分程度に思えておりました。

いや、それはまずいですよねぇ…。

 

話を少しばかり戻しまして。

私、以前少しだけコーヒーの事を調べておりまして。

元々、ゲームの世界観を舞台にした小説の為、

ひいてはゲームの設定に厚みを持たせる為に調べておりました。

作業手順はもちろんの事、

器具や家具など、

色々なものを調べてまいりました。

実際の喫茶店に行ったり、

珈琲店に行ってみたり。

内装をそれはもうジロジロと。

傍から見れば変質者でしたね。アレは。

 

カウンターの下にコンロがあり、

そこに水を入れたケトルを置き、

沸騰手前まで暖めて、

あらかじめセットしておいた挽きたての粉に少し注ぎ、蒸らす。

蒸らしが終わり次第注ぐ。

膨らみが小さくなれば注ぎ、

膨らみが大きくなれば休める。

 

…とかそんな感じだったと思います。

なげぇよ、って言われそうだし、

下手に読みかじりの事を言ってるのもアレですし、

ここで切り上げさせていただきます。

 

まぁこんなことを調べておりますと、

当初決めていた店の内装に疑問や納得のいかない所が…。

あ~あ、やりなおし…。

 

そういえばネルって保管面倒なんですね。

最近知りました。

と言うか「ネルってアレかぁ!!」

とネルシャツを思い出して「ネル」を理解いたしました。

 

所で、皆様はコ○ダ珈琲店、行ったことはございますでしょうか。

いやぁ私、初めて行った時は少し「エッ」と思いました。

私の知る店だけやもしれませんが、

対面型のカウンターがないのです。

私の知る喫茶店は三店舗ほど(少なっ)ありますが、

その全てにマスターと対面になるカウンターがあったのですが…。

近くの某コメタ○珈琲店にはなかったのです。

正直私はがっくりとしました。

珈琲店の淹れ方はどうなのだろう、

と期待に胸を膨らませていたのです。

 

まぁ、味は美味しい…んだと思います。

酸味は分かれどコクは分からぬ。

…アメリカンって飲みやすいですよね。

 

モーニング、良いですよね。

 

そういえばあの店…閉まっちゃったなぁ。

 

今日はこれくらいに致しましょう。

それでは皆さん、良い一日を。

俺達、華の自由人。 一日目。

時刻は3:45分、
けたたましいメロスピの音で目が覚める。
うるさい。
DragonForce。
ピロピロ具合が心地良いが、
大音量なのでうるさい。
親父、スマン。

飯を食い、最寄りの駅に移動する。
友人と待ち合わせ、青春18切符を使用。
ここから10時間かけて移動する。
どうやら友人は飯を食べていないようだ。

青春18切符を知らない人に向けて書いている体で書くが、備忘録的なものを残しておく。
青春18切符とは、
JR線1日乗り放題の権利を、
5回分手に入れられるステキチケットだ。
夜行バスより安く、
夜行バスより融通が効く。
素晴らしい。
時間は夜行バスのほうが早いが、
途中下車出来るのがとにかく強い。
行き当たりばったりな行楽もこれで行いやすくなる。
乗り放題の「権利」が「5回分」なのがキモで、
1人で5日乗り回すも良し、
2人で2日分乗るも良し、
5人で日帰りするも良し。
まさに自由だ。
ただ買える期間と
使える期間が決まっている為、
そこは注意してほしい。
さて本文に戻ろう。

地元を出て京都駅に着く。
ここから米原まで一気に行く。
飯屋は開いていない。
…バイト先は6:30には空いているのだが。
友人は1時間の辛抱か。

米原から浜松まで席を探して座り3時間。
前述した通り飯がない。
自販機で売っていたゼリーで誤魔化す。
10秒メシを思い出したが違う。
次第に暇になる。
いとみちを3巻持ってきたのだが、
電車の中で読める程の体力と精神力は、
暫くニートしている私には無かった。

尾張一宮
まだまだ長い。
尾張と聞くと信長を思い出す。
前に友人と話していたが、
当時としては
銃は攻撃範囲は広く、威力も高いのだが
如何せん装填速度、延いては攻撃頻度が低いのがネックとなっていたらしい。
しかしそこは信長。
大量に銃を仕入れ
清掃>装填>発砲の順で三帯並ばせ、
時間差で打ち続ける兵法を考案、
それによって時代は一変した。
…という話をしていた。
あの時代にその戦法を思いつくのはやはり凄いな、と思う。

名古屋。
そろそろ尻が痛くなってきた。
かと言って立つのも嫌だ。
我が儘である。
優先座席だから割と罪悪感が高い。

大府。
友人が催したらしく、少休憩。
この間に食料を買い込む。
長旅は辛いものだ。
この時点で始発ぶっ通しより
到着が1時間遅れている。
だが、そんなのは関係ない。
俺達は楽しみに来たのだ。

豊橋
ここで乗り換えて浜松へ。
長い道のりだ。
初めて座席上の荷物置きを使った。
揺れで落ちないか心配だが、
スペース取るよりはマシかな。

浜松。
トイレ休憩も兼ね乗り換え。
こんなに長かったんだな。
と、かなり後悔している。
しかし、まぁ、こんな日もいいよな。

熱海。
快速アクティーに乗り換え。
なんというかこう…田舎に帰ったりするアニメ映画のワンシーンのように哀愁が漂う道だった。
品川まで一気に行けるかな。

品川。
友人がお眠の間にもう都会だ。
疲れがどっと来た。
そんなにきついことしてたかな。

秋葉原
憧れた電気街。
しかし、やることは京都とあまり変わらない。
取り敢えず、荷物を置きにホテルへ行こうか。

1時間ほどホテルでゴロゴロし、
ファミレスで飯を済ませた。
油は強敵だ。

電気街へ繰り出す。
と言ってもビックカメラ1店だけだが。

高田馬場に移動し、ミカドへ。
イノとレイヴンにフルボッコにされる。
もっと頑張らなきゃ。
ガードは甘いし対処法がわかってない。
今まで勝てていたのはまぐれだったのだろう。
明日も行こうかな。

ホテルに帰ってきた。
風呂に入り、
明日の予定を立てる。
…明日はコミケだ。
初参加になる。

だが、心配は要らない。
俺達を縛る物はない。
時間なんてずらしてやれば
いくらでも出来るのだ。
俺達ゃ、華の自由人。

目を閉じると、変な浮遊感が襲う。
そろそろ寝ないとな。

一日目、了。

近況報告や色々な事の話。

どうもお久しぶりです。

六甲です。

やっと色々と落ち着いてきた感じします。

前も言った気がする。

 

相変わらず格闘ゲームやってたりします。

やっぱギルティ楽しいですね。

EVOも白熱しましたねぇ…

ときど選手vsPunk選手のスト5とか

鉄拳へのギース参戦とか…

これからも目が離せません。

 

そう言えばアニメは見なくなってしまった。

というか見る体力が無くなっていました。

特に病気とかそういうのではないですが、

長時間見られなくなりましたね。

俺ガイル1期とか見てた頃はぶっ続けで色々見てたんですがねぇ…。

歳かな…なんて。

 

冗談はさておき。

最近、と言っても転校してからですが、

やっぱり読書は楽しいですね。

最近は北欧神話系の本を読み漁ってます。

オーディンってかっこいいイメージある人が多いと思うんですよ。

某パズル〇ドラゴンズとかの影響で。

実際は結構ワガママで、

なんかこう…自分さえよければ良いような。

力はありますし、

指導力もあるのでしょうが、

巨人を下に見ている節があり、

尚且つ騙しても良い、

など、色々酷い。

トール(ソーとも言う)に至っては

力比べが大好きで、

その力比べの決闘時に従者を使って

相手を騙して倒そうとする、

ロキをいつもしばき倒す、

とか、北欧神話系には

すごく我儘な神様が多いです。

オーディンは盗みも普通に働いてます。

お前本当に神様か?と言いたくなるほどの横暴が詰まっております。

 

ワーグナーの「ニーベルングの指輪」などの話も北欧神話系列であり、やっぱりオーディンはワガママです。

何かとワガママだなコイツ。

とか思っておりました。

 

皆様も名前だけは聞いたことのある英雄達の本性を探ってみてはいかがでしょうか…。

 

というお話でした。

次回更新予定等は未定ですし、

もう1ヶ月更新とか本当に忘れてます。

気がつくと一ヶ月たってて怖い。